研修・セミナー情報(会場別)

長野産業保健総合支援センターが開催します産業保健に関連する、研修・セミナーを会場別にご紹介いたします。
更に各会場ごとに分野で検索できます。

   基礎講座    産業保健研修会

長野会場

「 作業環境測定器操作実習 」 ~ 現場で使える簡単な作業環境測定器 ~
日時 会場 講師 お申込み状況
平成30年02月27日(火)
13:30~16:30
フージャース長野駅前ビル 4階会議室(旧:日本生命長野ビル)
地図をみる
荻原 幸男 空きあり
「レーザー(デジタル)粉じん計」や有機溶剤等有害ガスや事務所の一酸化炭素測定に用いられる「検知管」、さらに局所排気装置の性能検査で使われる「スモークテスター」「熱線風速計」等の測定機器は、産業医や衛生管理者の皆さんが行うことになっている「職場巡視」にも役立ちます。そこで、現場で役立つ簡単な作業環境測定機器等の操作実習を行います。

受講対象者・・・興味のある方はどなたでも
研修方式・・・講義方式と実習の併用
「 事後措置・保健指導に必要な各種健診・人間ドック結果の解釈 」 
日時 会場 講師 お申込み状況
平成30年03月14日(水)
14:00~16:00
フージャース長野駅前ビル 4階会議室(旧:日本生命長野ビル)
地図をみる
小林 淳生 空きあり
様々な機関で行われ、報告されてくる健診結果を如何に評価し、如何に事後措置や保健指導に結び付けていくかを考えます。参加者に実際に気になっているデータなどを提示していただく時間もとり、事例をもとに現場で活用できる内容を盛り込みたいと思います。

受講対象者・・・産業看護職、企業内産業保健スタッフ
研修方式・・・討議方式と講義方式の併用
「 メンタルへルス事例検討 」 
日時 会場 講師 お申込み状況
平成30年03月16日(金)
15:00~17:00
フージャース長野駅前ビル 4階会議室(旧:日本生命長野ビル)
地図をみる
鷲塚 伸介 空きあり
精神障害、発達障害など、職場でのメンタルヘルス事例は多岐に渡っています。そして、その対応には各事例に合わせた臨機応変さが求められます。正解が1つに決められないことにメンタルヘルス事例の難しさがあるとも言えます。本研修では、参加者から事前に事例を出していただき、その対応について皆で考えたいと思います。
なお、全員で討議を行いますので、メンタルヘルスの知識が全くない方は参加をご遠慮下さい。事例を出せる方は、参加申し込みを受けた後、事例記載用紙をお送りしますので、概要を所定の用紙にまとめてあらかじめ事務局にご送付いただきます。

受講対象者・・・産業医、産業看護職、衛生管理者、企業内産業保健スタッフ、メンタルヘルス対策担当者、企業等の人事労務担当者
研修方式・・・事例検討

上田会場

「 事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン 」 
日時 会場 講師 お申込み状況
平成30年02月23日(金)
13:30~16:00
上田勤労者福祉センター 第1会議室
地図をみる
矢口 敏子
五味 史江
空きあり
近年、がんの治療は進歩し、がんになっても仕事を辞めず、働き続けることができるようになってきました。社員が治療を続けながら働くことができる環境を整備する必要が高まっており、「治療と職業の両立支援対策」は、メンタルヘルス対策と同様に、今、企業が取組むべき大きな課題の一つです。本研修では、両立支援ガイドラインの理解と運用に役立つ内容を紹介します。まずは、内容を知ってもらうことが取組への第一歩です。

受講対象者・・・興味ある方はどなたでも
研修方式・・・講義方式と実習の併用
「 冷静にマネジメントするために 」 ~ アンガーマネジメントとその前に ~
日時 会場 講師 お申込み状況
平成30年03月07日(水)
13:30~16:00
上田勤労者福祉センター 第1会議室
地図をみる
三井 洋子 空きあり
アンガーマネジメントという言葉をご存知ですか?「怒りの感情と上手につきあう」と言っても良いかもしれません。怒りを抑圧するとかがまんすることではありません。本来、怒りや沸きあがる感情には意味があります。誤解していることが多いかもしれません。自分の中で起きていることを理解して対処しましょう。

受講対象者・・・興味ある方はどなたでも
研修方式・・・演習・討議方式と講義方式の併用

飯田会場

「改正労働安全衛生規則について」 ~産業医制度の見直し等~
日時 会場 講師 お申込み状況
平成30年02月22日(木)
14:00~16:30
公益財団法人 南信州・飯田産業センター 大ホール
地図をみる
矼 暎雄
飯田労働基準監督署産業安全専門官 鎌倉 博史
空きあり
過重労働による健康障害防止、メンタルヘルス対策などが労働者の健康確保対策において重要な課題となっており、産業保健を取り巻く状況が変化していることに対応して産業医制度の充実を図るため労働安全衛生規則の改正(平成29年6月1日付け施行)が行われました。本研修では、改正規則の内容、注意すべき点などを飯田労働基準監督署から、実際の産業医活動について医師(長野産業保健総合支援センター所長)からお話しをします。
事業場の人事労務担当者や産業医の方にも参考になる内容です。
受講対象者・・・どなたでも
研修形式・・・講義方式
(日医認定産業医研修(生涯・更新)2単位)

このページのトップへ