産業保健の担い手、受益者(労働者)を強化する 受付中

掲載日:2018年03月26日

日時
2018年08月24日 13:30 ~ 15:30
場所
飯田会場
所属
信州大学医学部産業衛生学講座
役職
教授
講師
塚原 照臣
研修方式
講義方式
受講対象者

興味ある方はどなたでも 

概要

産業保健の担い手、受益者(労働者)に、産業保健の意義とそれぞれが果たすべき役割はどのようなことがあるのか、を概説する。例として、メンタルヘルス、化学物質のリスクアセスメント、過重労働等に対して、なぜ、どのようにして、対策を講じるのか、といった具体的なテーマをあげて話しを進める。
その上で、特に、事業者、管理者に向けては、産業保健対策のパートナーである産業医をどのように活用していくか、衛生管理者、産業看護職に向けては、メンタルヘルス不調に対して、どのようなチーム、体制、制度を持ち、どのように自身、他の職種が役割を担うか、についても具体的に概説する。また、受益者である労働者に向けては、何故健康診断を受けるのか、を理解いただけるよう、健康診断の意義、活用法についても概説する。

応募する:

お申し込み前にお読みください。

  • 定員に達した後のお申し込み頂いた場合、当センターより直ちにメールかお電話にてご連絡します。
  • 受講可能な場合は、開催前(およそ3日~7日前)に開催通知を送ります。
  • 研修会の受講を申込まれて 欠席される場合は、必ず当センターに電話・メール等でご連絡ください。
  • なお、講師の都合やその他やむをえない理由により研修・セミナーを中止することがあります。その場合は、当センターよりメールまたはお電話にてご連絡します。